なぜ働くのか(朝日出版社)

休日の昼下がり。ぽかぽか陽気に当たりながら横になっていると心の底から「働きたくない」と思う事があります。それでも日々働くのはなぜなんだろうか。この湧き上がる問いに簡単な答えなどはありませんが『なぜ働くのか』を読むと少しだけ日々の仕事への取り組み方に変化があるかも。帯にもある通り「賃金」ではない自分の働く意味は何だろうか?ということ考える入り口にオススメの一冊です。人事部門の人や経営者の方にこそ読んでほしい本です。

This book is not to teach How to work”, but gives many tips with many case examples about Why we work?