かさ(文研出版)

「秋の長雨」という言葉にもある通り、傘が手放せない季節です。『かさ』も描かれている人たちの服装を見ていると今ごろの季節のお話かななんて思ったりします。赤い傘をさした女の子がお父さんの傘を持って一人で駅までお父さんを迎えにいきます。

セリフや文章は一切なくその分、余計にどこか少し離れた場所でこの女の子を観察しているような感覚になります。白黒の世界にきらめく女の子の赤い傘が印象的な絵本です。

This Picture book is expressed in black and white drawing without any words. Only a girls umbrella is red. That is very impressive.