そろそろ左派は〈経済〉を語ろう(亜紀書房)

先日、アメリカの高官が日本に「為替条項」を要求するという報道がありました。これは日銀による量的金融緩和を念頭に

置いていると言われています。と言われて頭真っ白になりました皆様ご安心ください、店主もです。けれど『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう』読んでいるとやっぱり経済の事は知っておいたほうがいいと痛感します。海外の事情に詳しいコラムニストのフレディみかこさんと経済学者松尾匡さん、社会学者北田暁大さんの鼎談をまとめた本書は右や左に関係なく日本で暮らしている全ての人読んで欲しいなと思います。「消費税率10%引き上げどう思う?」これも経済ですよね。

This book written with three-man talk style focuses on Japanese economic for left.