中空構造日本の深層(中央公論新社)

先日ご紹介した丸山眞男の『日本の思想』には「天皇制における無責任の体系」という思わずギョッとする項目が出てきます。そこには「決断の主体」を明確化する事を避け「もちつもたれつ」の曖昧な行為連関を好むといったような事が記述されています。「もちつもたれつ」の構造が何故こうも日本の社会では出現するのかを心理学者の河合隼雄は『中空構造日本の深層』にて鋭く論考しています。『古事記』神話をもとに展開される論考の他に、昔話やファンタジーの分析なども収録されており刺激的な知的体験が楽しめる一冊です。