たからもの(StuDioえ・ほ・ん)

誰もが知ってるおとぎ話『うらしま太郎』このお話の結末には多くの方が何だか釈然としない思いを抱いたのではないでしょうか?
『たからもの』は「大人になってもう一度読むうらしま太郎の物語」とある通り、老境に差し掛かった私が玉手箱を開けた後のうらしま太郎とお話をします。果たして「たからもの」とはなんだったのでしょうか?
水彩の淡いタッチがとても綺麗で静けさの中に波打つ音が優しく聞こえてくるような絵本です。現在当店では原画展も開催中です(9/12まで)