ミノタウロスの皿(小学館)

先日、ご紹介した藤子・F・不二雄さんの異色短編集は小学館から文庫サイズで4巻まで刊行されているのですが『ミノタウロスの皿』には『オバケのQ太郎』の登場人物たちが大人になったその後を描いた『劇画・オバQ』という作品があります。

これがまた大人になる悲しみみたいなのを描いており、胸にくるものがあります。本当にこれはぜひ読んで欲しい作品です(でもオバQが大好きだったら逆に読まない方がいいかも…)。

その他にもDVを扱った作品など、作者の先見の明に舌を巻いてしまいます。短編なので隙間時間で読めるのもいいですよね。