うまそうだな、ねこ(架空社)

大好きなあの子についついちょっかい出してしまう事ってありますよね。でもそれってちょっかい出されている側にとってはたまったもんじゃないですよね。

『うまそうだな、ねこ』のさかなさんはまさにそんな状況に直面し、なんと進化してしまいます。毎晩さかなさんの住む池にやってくるねこさんとのやりとりがちょっと怖くもユーモラスな1冊です。