声めぐり(晶文社)

写真家として近年注目されている齋藤陽道さんは耳が聞こえません。そのせいか音声ないし言葉への信頼はとても薄かったそうです。けれど齊藤さんは写真を通して、色々な人との出会いを通じてその人自身から向けられたものすべてを『声』として聴かなくてはならないと思うようになったそうです。

そんな彼から発せられた『声』で綴られる『声めぐり』。自分の生まれてからの事、苦しい中学生の頃、ろう学校で取り戻した自分、障害者プロレスのレスラーのの日々、こどもの誕生。自伝でもエッセイでも写真論でもない声めぐりの旅への踏み出す一歩を支えてくれた現象についての記述。メモしたくなるくらいい声がたくさんです。