女一匹シベリア鉄道の旅(イースト・プレス)

ロシアW杯の試合を見に行くためにわざわざシベリア鉄道に乗ってモスクワまで行っている人達がいます。時間がかかるのに物好きな人もいるなぁと思いつつも『女一匹シベリア鉄道の旅』というエッセイ漫画を思い出してしまいます。

作者の織田さんはモスクワから北京までと、サッカーを見に行っている人たちとは逆ルートなのですが同じ車両の人からお裾分けもらったり、オススメ料理を教えてもらったりと暖かい交流のある様子が描かれており、お酒がないと無口で不愛想だけど実はとても優しいロシアの人々の雰囲気が感じられてなんだか嬉しい気持ちになってきます。