日常の中に生まれてくるある瞬間について(安達茉莉子)

朝、自然に目が覚めた時、外を歩いてて何気無く吹いた風に気持ちいいと感じた時。心が少しワクワクするような浮き立つ気持ちになるような瞬間を大切に閉じ込めた安達茉莉子さんの『日常の中に生まれてくるある瞬間について』は赤と青が織りなす色彩が印象に残る1冊です。

読んでいると今日も何だかいい日だよねとそういう気持ちが自然と湧いてきます。