ジム・ボタンの機関車大旅行(岩波書店)

車より電車派!特にSLには目がないんだという方には『ジム・ボタンの機関車大旅行』がお勧めです。

ある日小包みで送られてきたジム・ボタン。彼の親代わりにして親友の機関士のルーカスと機関車のエマに乗り、彼らは旅に出る事になります。

機関車エマは喋ることはなく、当然セリフもありません。けれどお人好しで太っちょなエマは海を渡り、闇を抜けて彼らを乗せて旅をするのです。店主にはその姿がとても愛らしく魅力的でした。当然彼らの冒険も魅力的で面白いのですが、優しくって力持ちの機関士ルーカス、機転のきくお人好しの機関車のエマ、勇気を決して失わないジム・ボタンと登場人物の魅力が強く印象に残っている物語です。