おうちでできるおおらか金継ぎ(実業之日本社)

大切にしていた器が割れてしまった時、それを修復する方法として「金継ぎ」と呼ばれる手法があります。この金継ぎの面白いところは割れた箇所を分からないようにするのではなく、修復箇所を新たな模様として楽しむところです。

『おうちでできるおおらか金継ぎ』の写真を眺めていると確かに修復の痕跡がいい味になっているように思います。割れ、欠け、ひび・にゅう、ほつれなど様々な欠損に「おおらかに」対応できる素晴らしき金継ぎの世界に本書を携えぜひ飛び込んで見てください。ちなみにこの本の作者は昨日ご紹介した『耳かき仕事人サミュエル』の作者でもあります。