誰も知らない世界のことわざ(創元社)

「猫のように熱いおかゆのまわりを歩く」「エビサンドにのってすべっていく」一体何のお話なのか、比喩なのか?と思われるかもしれませんが実はこれフィンランド語とスウェーデン語のことわざなんだそうです。

『誰も知らない世界のことわざ』にはそんな世界の変わったことわざを素敵なイラスト付きで紹介しています。読んでいくとエビとか猫とか、言葉を通じてその国の文化背景などがぼんやりと見えて来て、面白いなぁと思います。

よくよく考えてみると、「猫に小判」「馬の耳に念仏」などの日本の諺も海外の方からするとなんのこっちゃ?なのかも知れませんね。