くまさんどこかな?(河出書房新社)

本ってどこまでが本なんでしょうか?なんて書くと以前ご紹介した『わたしの名前は「本」』みたいですが南インドの小さな出版社Tara Booksから日本人による初の絵本として出版された『くまさんどこかな?』はパタパタと本を縦横に広げていく不思議なつくりをしています。

自分の大事なくまさんを探して小さな女の子はマンションをパタパタと上の部屋へ上の部屋へと向かいます。部屋をノックしてパタリ、不思議な住人たちが出てきて隣の部屋をノックしてパタリ、パタリ。くまさんはどこにいるのでしょう?ちょっとした爽快感と共に楽しめる一冊です。

なお日本語版は河出書房新社から刊行されています。