きらきら(アリス館)

近年関東地方で雪が降ると話題になる市民参加型の研究活動があります。それは降ってきた雪をスマホなどで撮影するというものなのですが、ただの雪ではなくて雪の結晶を撮影するというものになっています。これにはスマホのカメラの性能が上がったからというのもあるのでしょうが、何より多くの人が雪の結晶の美しさに魅了されているからこそ盛り上がりを見せているのではないかと思います。『きらきら』という本にあるのは雪の結晶の写真だけ。その美しい結晶に詩人谷川俊太郎のことばが合わさり静かな世界が本の中にあらわれます。雪の日にコタツでぬくぬくしながらうっとりとみてほしい一冊です。