スター・ウォーズによると世界は (早川書房)

STAR WARS最新作「エピソード8 最後のジェダイ」がいよいよ来月公開されますね。多くの方が心待ちにされているのではないでしょうか?公開が待ちきれなくて胸が苦しい!そんな方にうってつけなのが、『スター・ウォーズによると世界は』です。第1作となるエピソード4が公開された当時はルークとレイアに兄妹という設定はまだなかった?!なんて驚きの考察から、多くの人が自国ないし近隣諸国の風刺だと捉えたエピソード1−3の元老院の状況など。もはや新しい神話として世界的な人気作品となっているからこその、政治、経済、哲学等とのリンクに是非驚きとともにお読みいただければと思います。その読書がフォースとともにあらんことを店主は願います。

なお、先日ご紹介しました『ダイアローグ』でもダース・ベイダーとルークとの関係についての演出について書かれている箇所がありますので、そちらも是非どうぞ。

【新刊】「ダイアローグ 小説・演劇・映画・テレビドラマで効果的な会話を生みだす方法」入荷してます。自身のシナリオ講座から数多くのアカデミー賞...