三美スーパースターズ 最後のファンクラブ(晶文社) 本の未来を探す旅 ソウル(朝日出版)

いい本屋のある国にはいい本がうまれると思います。『本の未来を探す旅 ソウル』によると韓国では独立系の本屋が増えているそう。同本に紹介されているソウルの本屋はどれも素敵で、店主は俄然ソウルに行きたい熱が高まってます。そんな韓国の小説が近年日本でも注目されているのをご存知ですか?第一回日本翻訳大賞を受賞した作品はなんと韓国の小説『カステラ』でした。その『カステラ』の作家と翻訳家のコンビによる新作『三美スーパースターズの最後のファンクラブ』が先日晶文社さんの『ギリシア語の時間』に続く〈韓国文学のオクリモノ〉シリーズ第二弾として刊行されました。店主もまだ読み始めたばかりですが文章のリズムがとてもいい。早く続きが読みたい。

偶然ですが四書籍とも当店にございますので、近いけど意外とよく知らない韓国に当店で触れてみてはいかがでしょうか?