鉄腕アダム (集英社ジャンプコミックス)


2045年、蝶と呼ばれる謎の生命体が地球に襲来。目的は人類の殲滅。それに立ち向かうは村上春樹を愛読する高度なAIを持つヒューマノイド、アダム。人類の未来はどうなるのか?そして蝶の正体は?!ノイマン型コンピュータ、トポロジカル絶縁体、etc…。科学には疎い店主には何となくしかわからないけど、何だか心をくすぐられる骨太なSF用語だけでなく「鉄腕」アダムに対抗するロボットの名前がプルートゥだったり、濡れた服が自動で乾く機能が付いていたりと各所に他のSF作品の小ネタが散りばめられているのも魅力的。また、巻中に挟まれている科学講座もわかりやすくて面白いです。実は取次書店さんにこの本を注文した時、「あーあの地味な作品ね」言われたのですが、とんでもない!だって人類の存亡がかかっているんですよ。「鉄腕アダム」既刊2巻まで、当店で販売しております。